「退職届」と「退職願」の違いと円満退職のコツ

会社と退職するときに「退職届」と「退職願」のどちらを使ったらいいのか迷ったことはありませんか?

「退職届」と「退職願」は、どちらも退職することを通知する文書である点では共通していますが、細かい違いが存在します。本記事では、二つの違いと円満退職するためのポイントについてご紹介いたします。

目次

退職届

「退職届」は、雇用契約や就業規則などの法律的な規定に基づいて、手続きを進めるために提出される書類です。

従業員が退職する意思を通知し、退職理由や退職予定日を明確に記載することが求められます。退職届は、退職する手続きを進める上で必要不可欠な書類であり、退職手続きを円滑に進めるためにも重要なものとなっており、退職予定日が近づいてから提出することが多いです。提出用紙は、会社が用意した書式の用紙に記載します。

  • 手続きを進めるための書類
  • 退職理由や退職予定日を明確に記載
  • 提出:退職予定日が近づいてから提出
  • 書式:会社が用意した用紙

退職願

「退職願」は、退職の意思を雇用主に伝える手紙であり、退職予定日や退職理由を明記する必要はありません

退職願は、退職届に比べて自由度が高く、退職理由を控えめに表現することができます。退職願は、会社側にとっては必要な手続き書類ではないため、提出する必要がない場合もあります。

  • 退職の意思を雇用主に伝える手紙
  • 退職予定日や退職理由は明記しなくてよい
  • 提出:会社にとって必要な書類ではないため、提出する必要がない場合もある
  • 用紙:自分で用意したもので書式も自由

どちらの書類を使う?

退職届と退職願のどちらの書類を使うべきかは、退職する雇用者の状況や目的によって異なります

従業員が退職届を提出することが法律的に求められる場合があるため、まずは会社側の就業規則や契約書などを確認することが重要です。

また、会社が退職届か退職願いのどちらかの提出を求めている場合、自分の思いや意見を自由に表現できる点から、退職願を利用することがおすすめです。

円満退職のために考慮するポイント

1.雇用契約や就業規則に従うこと

退職手続きは、雇用契約や就業規則に従って行う必要があります。

退職届や退職願の提出期限提出方法手続きの手順などは会社によって異なります。従業員は、雇用契約や就業規則に従って、退職手続きを行うことが求められます。

2.告知期間を守ること

告知期間とは…退職の意思を伝えてから退職するまでの期間

退職する場合、退職の意思を伝えてから会社に留まる期間を守ることが大切です。

会社によっては、退職する従業員がその期間を守らない場合、罰則が科されることもあります。民法627条では二週間と定められていますが、会社に就業規則がある場合はそちらに従います。

期間を守ることで会社側も適切な対応ができ円満な退職につながりますので、就業規則を確認し告知期間はしっかりと守りましょう。

3.丁寧な言葉遣いやコミュニケーションを心がける

退職届や退職願を提出する際には、丁寧な言葉遣いを心がけることが大切です。

退職の理由や会社に対しての感謝の気持ちなどを明確に伝えることで円満な退職につながります。会社との関係良好な状態で維持するよう努めることで、退職後にも関係を維持し再度のビジネスチャンスを生むこともあります。

一方で、不満や不適切な表現は避けることが重要です。特に、後々の就職や人脈形成にも影響があるため、失礼な表現や発言は避けるようにしましょう。

4.相手の立場に立って考えること

退職の決断は、従業員自身が行うものですが、会社側にとっても大きな影響があります。退職する時期や理由・意図によっては、会社側にとっては予期せぬ問題が生じることもあります

例えば、自分が重要な仕事を任されている時期ですと告知期間だけでは引き継ぎが間に合わないこともあります。そのためには事前に引き継ぎマニュアル等を作成して自分が退職した後でも会社や同僚が困らないように配慮する必要があります。退職する前には会社側の立場に立って考え、円満な解決策を模索しましょう。

まとめ

退職届と退職願のどちらがいいかは、上記のポイントを考慮した上で判断する必要があります。

退職届は、雇用契約や就業規則に基づいて手続きを進めるために必要な書類であり、退職理由や退職予定日を明確にすることができます。一方、退職願は、自由度が高く、個人的な思いを表現することができます。

どちらを使うにしても円満な退職につながるよう、コミュニケーションを大切に丁寧な言葉遣いを心がけることが大切です。

最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次